最新情報

ホーム » 最新情報

本日3月4日、「健康経営優良法人2021」の認定を頂くことが出来ました。

「健康経営優良法人2020」に続き2年連続での認定となりました。

より一層、健康経営の推進に取り組んでまいります。

 

 

0a51e2bb-abea-43d9-9f88-2a09be045957_12.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年は、JIs Q 9100 を取得しました。今後も、さらに品質と信頼性の向上に努め、お客様の信頼が得られる製品を提供するべく従業員一丸となって取り組みます。

 また健康優良法人2020 の認定を受け、全従業員の健康づくりに努めて参ります。弊社の1年の活動内容を環境経営レポートを通して知っていただければと思います。

 

エコアクション21レポート2020.pdf

 

2020年10月、地域経済牽引事業の担い手の候補となる地域の中核企業「地域未来牽引企業」として経済産業省から選定されました。

地域未来牽引企業とは、 地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業のことです。

地域未来牽引企業は、地域未来投資促進法を活用し、地域の特性を生かした成長性の高い新たな分野に挑戦する担い手としても、期待されています。

当社はこれからも、地域社会・地域経済を牽引できる企業であり続けるよう努力してまいります。

 

地域未来牽引企業_縦組みlogo_SSS_rgb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年6月より取り組んできました航空宇宙産業向けの品質規格「JIS Q 9100:2016」 を6月に認証取得する事が出来ました。審査は総務、組立部門を除く部門で行なわれましたが、全社として品質活動はこの規格に従って行なっていきます。

 

これにあわせより高品質・高技術の生産を心がけてまいります。

 

 

9100 HP用 ロゴ.png

 

 

 

2019年8月、従業員の心と体の健康づくりに取り組んでいくため「健康づくりチャレンジ宣言」をしました。

その後、さらなるステップアップとして2020年度 経産省の「健康経営優良法人2020」認定を頂くことが出来ました。

今後も積極的に健康経営の推進に取り組んでまいります。

 

健康経営優良法人.jpg

 

 

 

 

2019年は航空・宇宙産業に向けて新たに歩き出した1年でした。

そのため初めての業務提携を行い、JISQ9100取得に向け会社全体のレベルアップに励

むとともに従業員が働きやすい職場づくりや健康増進に力を置いた1年でした。

弊社の1年の活動内容を環境経営レポートを通して知っていただければと思います。

 

エコアクション21レポート2020.pdf

 

健康優良企業を目指し、実施することで 心身ともに元気な職場《健康企業》を目指します。

【宣言内容】

・定期検診の受診率を100%にします

・有所見者に産業医等の健康相談を実施します

・女性、年配者に優しい快適職場づくりを目指します

 

「健康経営優良法人2020」の認定を目指し、会社全体で健康づくりに取り組むことを宣言致します。

飯田市の多摩川精機元社長の萩本範文氏が2017年に設立したAMシステムズと資本提携を前提にした業務契約を結びました。

AMシステムズの営業ネットワーク、経営ノウハウを生かし航空機部品産業への本格参入を目指します。

業務提携は2019年5月1日付で、両社はグループ企業として、航空機関連部品の受注・開発から生産、販売まで一貫して手がける体制を構築します。

また、それに伴い、必要な品質規格であるJIS Q 9100 取得に向けて動き出しました。

 

2018年は中期計画の最終年でした。課題となっていた不良損金削減の目標も達成出来ました。

途中からエコアクション2017年度版移行に伴い、マニュアル等変更し対応を進めてきました。

また11月には代表者が代わることで組織の見直しを行なうなど動きがあった年になりました。

2019年を迎え新体制で環境活動に臨んで行きたいと思っております。

レポートはPDFファイルになっています。

エコアクション21レポート2019.pdf

 

 

 

 

2017年は生産活動の増加に対して電気使用量を低く抑えることが出来ました。
また水の使用量に関しては、数カ所に加算メーターを設置することで見えない大きな漏水を発見出来ました。

レポートはPDFファイルになっています。
エコアクション21レポート2018.pdf

 

ページトップへ